15秒間で魅力を上手に伝える面接での自己紹介テクニック

自己紹介とはとても大切なものです。
この自己紹介がしっかりできてしまえば、面接で伝えるべきことの大半ができたも同然なのです。
ここでは、たったの15秒間であなたの魅力を相手に上手く伝えてしまうテクニックを伝授してしまいます。
何度も読み返して、自分だけの15秒自己紹介を完成させてくださいね。

15秒ですべてが決まる

いきり質問ですがこの「魅力を伝える15秒自己紹介作成法」にある15秒と数字ですが、この15秒はどれくらい大切な数字か知っていますか?
実は、初めて会った者同士が、相手の第一印象を決定付けるのが、相手が話を始めてからの15秒間だといわれています。
この15秒間という時間で、「普通の人」「ちょっと面白そうな人」「つまらない人」という大枠を人は決めてしまうそうです。

ここでちょっとピンと来た人もいると思いますが、面接ではたいてい「自己紹介」が最初にきますよね。
だとすると、自己紹介の最初の15秒が面接官の第1印象を決める重要なポイントであるということもすぐに理解できると思います。

一般的にこの「第1印象」というのは、簡単に覆るものです。
初めて会った者同士が、仲良くなってから「実は最初の印象はあんまり良くなかったんだ」という話はよく聞くと思います。
普段の生活では「第1印象」が悪くても、それを挽回するチャンスはいくらでもあります。

しかし、問題は面接の場で「第1印象を悪くした場合」です。
もちろん「第1印象」を悪くしても、その後に挽回することは可能です。

ただ、「第1印象」を悪くしてしまうのと、「第1印象」で好印象を不えるのとでは面接官の話を聞く姿勢が全く変わってしまうのです。
第1印象を良くした場合、面接官はもっとあなたを知ろうとします。
面接官から出てくる質問も具体的な内容になっていきます。
しかし、第1印象を悪くした場合、面接官からの質問はごく一般的な質問しかでません。

どちらがより採用に近いかといえばもちろん具体的な質問をされるほうに決まっていますよね。
会社側は本気でその人が欲しいと思えば、必ず質問内容が具体的になります。
「もし、うちで勤めるとしたら自分をどう生かせると思いますか?」
「うちではこういった仕事がありますが、どれくらいで習得できると思いますか?」
「いつから勤務可能ですか?」
より具体的な質問を面接官がしてくるようになれば、かなり自分に興味を持っている証拠なのです。

15秒を無駄にする人

会話が上手な人と下手な人では、話の入り方からすでに違います。
会話が上手な人は、聞き手にどんどん興味を湧かせますが、下手な人は会話をつまらなくさせてしまいながら話を続けます。

分かりやすいのが、「これ面白い話なんだけど」というパターンです。
会話が下手な人に限って自分の主観を最初に言ってしまいます。
「これ超ウケた話なんだけど、」で始まる話が本当に面白かったためしがありません。
本当に面白い話をする場合は、先を読ませずに興味を保たせながら話します。

この会話の方法は、面接での15秒自己紹介でも使えます。
ただし、15秒自己紹介はウケる話をするわけではありません。
あなたを具体的にイメージさせて、興味を持たせること」が15秒自己紹介の最終目標です。
そのための自己紹介法をこれからお話します。

無駄を徹底的に省く

この15秒自己紹介の良いところは、無駄を徹底的に省けるというところです。
普段、私たちがしている会話というのは、文章化すると必要のない言葉がかなり入っています。
本当に伝えたい内容はたった1つなのに、それを伝えるまで色々な言葉で包みこんでいる場合が多くあります。

たとえば、
「ちょっと忙しいとは思うんだけど、これコピーしてくれないかな?あ、10部お願い。忙しいとこ本当に悪いね」
という言葉も、
「これ10部コピーしてくれませんか?」と大きく省略できますね。

文章でははっきりしていても、言葉するとつい必要ない言葉までつけてしまうのです。
しかし、面接の場でもこの“必要のない言葉”を入れて話す人がたくさんいます。
特にはじめから質問されることが分かっている「自己紹介」や「志望動機」などに、このいらない言葉をつけて話す人が本当に多いのです。

自己紹介や志望動機は面接官も何十回も聞いているのです。
面接官の立場で言えば、「早くこの人の1番言いたいことが知りたい」と思っているのです。
それなのに、無駄な言葉を入れられて自己紹介をされると、面接官は本当にウンザリしてしまいます。

あなたは面接官をウンザリさせてはいけません。
あなたが言いたいことを端的にまとめて伝えることができれば、面接官はさらなる質問をしてきてくれるでしょう。
あなたが話して、その内容に面接官が答えるという形が繰り返されれば、とても内容の濃い面接となります。
あなたが目指すべきとことは、まさにここなのです。

15秒自己紹介の骨格

まず、あなた自身がこの15秒自己紹介を作成してみてください。
たった15秒間の自己紹介です。
最初は細かいことは気にせず、自分が言いたいことから言ってみてください。
実際の面接で面接官に「15秒で自己紹介してください」と言われたと想定して、自己紹介の内容を作ってください。

では。どうぞ。

ここからは、実際に15秒自己紹介を作ってからお読みください。必ずですよ。

さて。できましたでしょうか。
ではこれから15秒自己紹介をより完成度の高いものにするためのチェックポイントをお伝えしていきます。
まず、たった15秒しかありませんが、その15秒間の話の流れをお教えします。
1. 名乗り
2. 1番の長所
3. 目標達成時の姿
4. 締めの挨拶

以上が15秒自己紹介の流れです。

自分で作成した自己紹介はこの流れになっていますか?
特に「1.名乗り」と「4.締めの挨拶」は絶対に入れてください。
あくまで面接での自己紹介ですので、この2つがないと、ただの言いたいことを言っている人で終わってしまいます。
それでは、それぞれのポイントをチェックしていきましょう。

1.名乗り

自分の名前を「はっきり、ゆっくり」言います。
自分の名前を「はっきり、ゆっくり」言うことは、実はちょっとした照れがあるものです。
人から自分の名前を言われることは多くありますが、自分で自分の名前を声に出すことはあまりないからです。
なので、つい自分の名前を言う時に早口で話してしまう人が多いのです。

しかし、面接官はそういうことは知りません。しかも最近の人の名前は難しい字の読み方をする場合もあるので、しっかり聞き取れない場合は、とてもイライラしてしまいます。
面接官は履歴書を見ながら話を聞いているので、あなたの言葉を聞かなくても名前は分かりますが、それでもあなたからの名前の発音が聞き取りにくい事は印象的にもよくありません。

はっきり・ゆっくり
自分の名前を伝えてください。

2.1番の長所

あなた自身が1番売りとしている部分です。
ただし、ここは注意が必要です。

仕事に全く生かせない長所は言わなくていい
ということです。
“言わなくていい”というよりむしろ“言わない”でください。

しかし、“仕事に全く生かせない”といっても範囲が狭くなったわけではありません。
たとえば
「長所は昔から声が大きいことです」
でも良いと思います。
これから見本として「長所」としての活用範囲が広く、印象を落とさないものをいくつか上げますので、その中から自分の長所にもっとも近いものを選んでみてください。

<長所>
・根気強い
・負けず嫌い
・素直
・人との付き合い上手
・時間厳守の行動力
・計画的な行動力
・記録力
・節約ができる
・継続力
・常に目標を設定できる

これらは実際に面接で受験者が使用した言葉で、好印象を得たものです。
長所を説明する場合はダラダラと解説をしないで、一言でまず言い切ってください。
自分の長所をしっかり言い切ることで、かえって面接官の印象にしっかり残ります。

たとえば
「長所は負けず嫌いなところです。」
「長所は根気強いところです。」
「長所は時間厳守の行動力です。」
などのように一言で言い切ってください。

3.目標達成時の姿

会社に入った時の「目標達成時の姿」を伝えます。
自己紹介をすると、ほとんどの人たちがその会社での「目標」を入れます。

しかし、目標だけではその熱意は会社側には伝わりません。
自分が会社でどういう人間になりたいのかを明確に伝えることが出来て初めてあなたの「この会社に入りたい!」という熱意が伝わるのです。
そのために「目標を達成したときの自分の姿」を語ります。

営業職であれば
自分が仕事で習得した技術をしっかりと後輩に伝えられる社員をめざします。
というように、はっきりとした人物像で伝えます。
これがないと「たくさん商品を売り、会社に貢献できるようになりたいです」という、全く面白みのない言葉となってしまいます。

事務職であれば、
「自分の机が書類の山にならない、整理整頓に徹する社員をめざします。」
などとします。
ただ仕事をがんばるというのではなく、具体的な焦点をひとつ定めて話をしましょう。

4.締めの挨拶

締めの挨拶も最初と同様に、「はっきり・ゆっくり」と伝えます。
自己紹介をしていくうちに、だんだんと興奮状態になり、最後の締めの挨拶では「大きな声で速く」挨拶をしてしまうことがありますが、「大きな声で速く」ではなく「はっきり、ゆっくり」と挨拶をするのがポイントです。

締めの言葉自体はシンプルでかまいません。
「一生懸命がんばりますのでよろしくお願いします。」
でも全く問題ありません。

ただ、こういった一般的な言葉ほど、やぱり「はっきり・ゆっくり」がとても重要になりますので、その点だけを注意してください。

魅力を伝える15秒間自己紹介のサンプル

再度作り直してみてください
これで15秒自己紹介のポイントをすべてお伝えしました。

私の例から1つ、15秒自己紹介を作ってみました。
「田中太郎です。長所は時間厳守の行動力。御社に採用されましたら、自分が仕事で習得した技術をしっかりと後輩に伝えられる社員をめざします。がんばりますのでよろしくお願いします。」

15秒間でしっかりと面接官に印象付ける自己紹介になっています。
これが、私が一番お勧めする「魅力を伝える15秒自己紹介」となります。
もちろん、この自己紹介だけが良いわけではありません。
あなたが最初に作った文章を、これまでお話してきたポイントに注意しながら、再度作り直してみてください。
きっと最初とは見違える文章になるはずです。

あなたの魅力を存分に伝えるためにも、この15秒で作る自己紹介はとても意味があるものです。
15秒間の文章をしっかり作れるようになれば、90秒、180秒などの自己紹介もそれほど難しくありません。
15秒の自己紹介は、あなたの魅力を凝縮したものですので、自己紹介の時間が長くなったとしても、それらをひとつひとつ肉付けしていけばよいのです。

まずは15秒自己紹介を納得いくまで作りこんでください。

面接前の準備が重要

面接官として多くの受験者と向かい合ってきましたが、つくづく重要であると感じるものがあります。
それは“準備”というのがとても重要である、ということです。

面接ではこの“準備”をしてこない受験者はすぐにバレます。
自己紹介の準備。
志望動機の準備。
必ず言われることは分かっているわけですから、これらについて十分に自分で作り込んでから面接を受けてください。

面接官は準備不足の受験者を一発で見破ります。
準備不足の受験者は自分だけが「なんとか上手く言えた」と思っていますが、面接官は“その場で言っている言葉“”その場で取りつくろった言葉“であることはすぐに分かるものなのです。

勝負は面接前の“準備段階”で決まっています。
勝負をしっかり“もの”にできるように、是非がんばってください。
心からあなたの成功を祈っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ