面接官が教える本当の自己紹介の作り方

面接で減点ポイントになるのは、要素のない自己紹介です。
面接について勉強をしているあなたはすでに知っていると思いますが、あなたが採用を勝ち取るために、面接で話す内容として一番力を入れなければいけないのが「自己紹介」と「志望動機」です。

おそらく9割以上の受験者がこの事実を知っています。
しかし、残念ながら多くの受験者が分かっていないことがあります。
それは、
自己紹介とは
会社にとって意味のないものを話してはいけない
という事実です。

9割以上が重要だと知っている「自己紹介」ですが、この事実を知っている受験者はほとんどいません。
このギャップが実は自己紹介のポイントになります。
無意味な自己分析を繰り返したあげくに、会社にとって全く意味のない自己紹介してしまう。
そんな自己紹介は今日限りでもうやめましょう。

自己紹介が上手くできない人の恐ろしい実態

自己紹介と志望動機をしっかり“話せる”かどうかは、事前の準備にどれだけ時間をかけたかで決まります。
内容を考え込んで話す練習をしてきた人と、そうでない人とはやはり雲泥の差があります。
これほど“練習量”がはっきり分かるものも珍しいと思います。

私は無意味な自己紹介をしてしまっている受験者に、ベストセラーの面接本などを読んでいるか聞いています。
するとみんな決まって「読んでいます」と答えるのです。
本当に読んでいるのかよく確認して聞いてみるのですが、確かに“読んでいることは間違いない”ようです。

ではなぜ、面接本を読んでいるのに、その通りにできないのか?
多くの受験生を見てきて分かったことが1つあります。
それは、「できない」のではなく
できていない事を自覚できてない
のです。

当の本人たちは、面接本を読んですでにできた気になっているのです。
恐ろしいことにこれは、不採用になるほとんどの受験生がそうでした。
面接本には「自己紹介」を作るための方法が載っていますが、それがしっかり実行できていないのです。

会社側は自己紹介をしている受験者からどういう情報を見つけ出そうとしているのか?
ここを無視した自己紹介をしては、まったく意味をなしません。
ここでは、あなたがもっと合格に近づくための本当の「自己紹介の作り方」をお教えします。

自己分析をしすぎることの弊害

毎年毎年“自己分析”をひたすらするだけの受験生が後を絶ちません。
まるで、自己分析をしなければ面接に受からないと思っているかのようです。
確かに面接に関する書籍には、自己分析の重要性が書かれています。

しかし、私からいわせれば、それ以上に大切な大前提を忘れているのです。
その大前提とは、会社にとってメリットのない自己紹介をされても会社は評価のしようがないということです。
これを話すと必ず反論がきます。
「それでも自分を分析しなければ自己紹介はできないじゃないか」
と。

私は「自己分析するな」とは言っていません。
確かに、自己分析はしなければいけない事だと思います。
ただ、多くの受験生が勘違いしているのは、自己分析をすることで自己紹介のレベルが自動的に上がり、 会社は自分の良い点を見つけ易くなるだろうと思っている人があまりに多くいるということです。
この部分が違うのです。

会社が自分の良いところを見つけてくれるのではなく、会社にとってメリットのある部分をあなたが提示して、それを評価してもらうのです。ということは、やはりこれも”採用と直結した考え方”を使用しなければならないのです。

3要素のうち1つも入っていない自己紹介は必ず不合格

さて、それでは採用を勝ちとるための自己紹介について話をします。
採用を勝ち取るための自己紹介それはズバリ、
会社にとってメリットとなる3要素の内2つを入れる
ということです。

具体的に3要素をお伝えすると、
「誠実さ」
「継続性」
「好奇心」

以上の3つです。

はっきり言います。
この3つの要素が1つもない自己紹介はしても 無駄です。
ほとんどの受験者が自己紹介でするのは「自慢話」です。
ただ、私は自慢話自体それほど悪いとは思っていません。
それが会社にとってメリットのある自慢話であればですが・・

会社にとってメリットの無い自慢話はただの自己自慢です。
面接官も面接の時間を割いてまで自己自慢は聞きたくありません。
あなたは、この“3要素”を取り入れた自己紹介をすることで、会社にとってメリットのある自己紹介ができます。
それはあなたをグッと採用に近づける武器となるでしょう。

先ほど上げた3要素を自分の「誠実さ」・「継続性」・「好奇心」に当てはめて文章を作ればよいのです。
3要素すべてを入れる必要はありませんが、2つは入れてください。
これからその3要素を使った自己紹介の作り方を具体的に説明していきたいと思います。

「誠実さ」

あなたの「誠実さ」を表現します。
しかし、自己紹介の中でなかなか「自分の誠実さ」を相手に嫌味なく伝えることは難しいことです。
そこで直接的ではないものの、自分の「誠実さ」を相手に伝える良い方法をお教えします。

それは「挨拶」です。

挨拶とは礼儀です。 礼儀がしっかりできる、礼儀を重んじているというのは、相手に(特に年上の人たちには)誠実的な人間であることを連想させるのです。

逆に、礼儀のない人間に誠実という言葉は当てはまりません。
あなたがもし、「挨拶」をとても大切にしていることがアピールできれば、それはあなたの「誠実さ」をアピールできることに繋がります。

「挨拶の大切さ」を考えてみてください。
そして、それをいかに自分が実践しているかを語ってください。
もし挨拶を軽んじているのならば、いますぐに挨拶に重点を当ててください。
挨拶を軽んじて成功できる人はいないのですから。

「継続性」

継続できる人間は、必ず自分の実力を開花させます。
会社も継続できる人間に、しっかりと教育をしていきたいと考えています。

あなたが「継続していること」は何ですか?
全く何も継続してやったことがない、という人がたまにいますが、絶対にそんなことはないはずです。 どんな些細なことでもいいのです。

たとえば、車の免許証がゴールドならば、「常に安全運転をこころがけ、免許証はゴールドです」でもいいですし、早起きが得意なら「学校へはいつも1番早く登校し授業の準備をしていました」でもかまいません。
毎朝同じ朝食を食べ続けたでもいいですし、同じ本を何十回も読んだでもいいのです。

そして、期間をあらわす言葉を入れると具体性が増しますので必ず入れてください。
「ずっと」「いつも」という言葉でも良いですが、「○年間」や「○年以上」というはっきりとした数字の方がより良いです。
こういった言葉が使えることが大切です。 これらの言葉を使い、継続力をアピールしましょう。 継続的に物事を行えない人に、会社は魅力を感じることはありません。

「好奇心」

好奇心はその人の“やる気”を表します。
入社後の自分がどれだけのやる気を持ち働こうとしているかをアピールします。
好奇心は自分の興味のあることを話しますが、当然入社する会社のジャンルに関することになります。

会社とまったく関係ない話は時間のムダですのでやめましょう。
また、注意しなければいけないのが、自分の興味のあることを羅列するのは逆効果である、ということです。
多くあげるのではなく、1つのことについて追求した自分の考えを話すのです。

まず興味があるものを1つ上げます。
そして、
・なぜ自分はそのことに興味があるのか(理由)
・そのことの問題点は何か(問題点の定義)
・自分はそれをどうしたいと思っているのか(解決策の提案)
以上 をしっかり丁寧に話します。

単純に「好き」だけではなく、その問題点から自分なりの解決策までがなければ、本当に「好奇心がある」という事のアピールにはなりません。
面接で「これが好きです」と言う受験者の多くは、その好きな事にたいして表面的なことしか述べていません。
本当に好奇心があるならば「好き」な事への疑問点も必ず出てくるはずです。
すでに好奇心を失っている人に、会社はその人の成長性を感じることはありません。
荒削りであっても、どんどん自分を伸ばそうとする姿勢のある人を会社は求めているのです。

以上の3つのうち2つを必ず取り入れて自己紹介を考えます。
単純にこれらの事?を盛り込もうとすると、言うべき事項が煩雑になりやすくなります。
実はこの3つある事項を2種類にまとめることができる方法があります。

それは、「誠実さ」で出た“挨拶”と「継続性」を一緒にしてしまう方法です。
自分が大切に考えている“挨拶”をその考えのままずっと行ってきたのなら、それは「継続性」もアピールできますよね。
まずは、「挨拶」の大切さをしっかり考えて、「挨拶」の継続性をアピールしてください。
「挨拶」を継続して来なかった人は、これから「継続」させればいいです。

そして、自分が受験したい会社に関する「好奇心」を掻き立てられるものを上げるのです。
「会社に関するもので「好奇心」を掻き立てられるもの」と言われて、すぐにそれが頭に浮かばない場合。
その場合は、そもそも自分が本当にその会社に入りたいのか?という部分を考え直してください。
自分がこれから仕事を行う上で、「好奇心」を掻き立てられる所が思いつかない仕事に就いたとして、本当にその仕事を続けていけるのでしょうか?

必ず踏まえる3つのポイント

誠実さ
?挨拶をどの様に大切にしているか

継続性
?何を継続して行っているか

好奇心
?なぜ自分はそのことに興味があるのか(理由)
?そのことの問題点は何か(問題点の定義)
?自分はそれをどうしたいと思っているのか(解決策の提案)

以上の3つのうち2つは必ず取り入れて自己紹介を考えます。
最初は難しいかもしれませんが、何度も作り直しているうちに自然な文ができるようになります。
納得がいくまで作り直してみてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ