中途採用の面接で退職理由を聞かれたときの答え方

ここでは、転職者用に減点ポイントをお伝えします。
中途採用での面接では、前職を退職した理由が必ず聞かれます。
大部分の人はここの部分でまた減点を犯します。
この減点ポイントをお話しする前に、面接時の会話で絶対に言ってはいけない事をお伝えします。

それは、否定的な発言をしてしまうということです。
否定的な言葉を使う人に会社は将来性を感じることはありません。
常に前向きで積極的な人を会社は望みます。
否定的な発言というと、「~できない」「~は嫌だ」などという発言のことだと思いますが、さすがに面接のときにその言葉を連発する人は少ないはずです。

では、「否定的な発言をしている人が少ないのか」と言ったらそうではありません。
むしろ「否定的な発言」をする人の方が多いのです。
この「否定的発言」の最も発生しやすいところが、実は「前職を退職した理由」です。
転職の場合、必ず面接時に「前職の退職理由」を聞かれます。

会社を辞めた理由ですから、“どこかが嫌でその会社を辞めた”ということになるのですが、その“嫌”の部分をどのように表現するかが問題なのです。
実際の退職理由が「不当な残業が多かったため」とします。
ここで素直に「前職では会社側が労働者に不当に働かせていたのが納得できなくて退社しました」と言ったとしましょう。
おそらく面接官は「不当とはどのくらいの時間ですか?」等、その理由を掘り下げて聞いてくると思います。

ここで大部分の人たちはさらに前の会社の粗を探して言い続けます。
「残業時間が多いだけでなく、休日も返上になることがあった」
「上司が自分の言うことに全く耳をかしてくれない」
「同僚の人たちにもやる気がある人が少ない」
どんどんと前の会社の悪口が出てきます。
これは最悪のパターンです。

あなたは前職を辞めた理由を最初に伝えたら、すぐに自分は新転地でどのようにがんばりたいかをアピールしてください。
ここで面接官の受け取り方をお話します。

「なぜあなたはその会社を辞めたのですか?」と面接官が理由を聞きます。
そして、面接官はその理由を聞くと、そのまま“同じ理由でうちの会社も辞めるのでは”と想像をします。
「残業がきつくて辞めました」とあなたが言ったら、たとえ自分の会社がそこまで多くの時間の残業をさせない会社であったとしても、同じようなことを言って退社をするあなたを想像するものなのです。

そこで、あなたの切り替えしが重要になります。
その切り替えしが「建設的な発言」です。
「残業が多くて辞めました」で終わっては、ただの残業嫌いの人で終わってしまいます。
なので、そこにこの「建設的な発言」を必ず加えるのです。
「残業があまりにも多く会社を辞めましたが、こちらの会社に入社させて頂いたら、以前よりも少し早く帰れる時間を利用して、普段じっくり読んでいなかった新聞を読み返し、業界の勉強をしたいと考えています」

この様に自分ががんばりたいポイントを伝えます。
話の内容は長くなればなるほど、最初の部分は忘れられ最後の言葉が残ります。
先ほどの文を見ても分かるとおり、文の量がだいぶ増えましたが、これを聞いている面接官は、最初の会社を辞めた否定的な部分よりも、最後の“がんばる”というところにどうしても焦点がいってしまいます。

これは、よく出る質問の「あなたの短所を言って下さい」というところも同じことです。
「短所を言って下さい」といわれてそのまま短所を言ったのでは落ちます。
短所の文は最初にちょっと出して、結局は良い事を言います。
「心配性なところがありますが、これを用心深さに変えて、仕事では慎重に取り組む姿勢を貫きたいと思っています。」
この様に言います。

「前職を辞めた理由」に話を戻します。
前職を辞めたことを正当化しようとして前の会社のやり方を悪くいう人がいますが、それは絶対にしないでください。
あなたがどんなに力説しても、会社はあなたが「会社を辞めたことを正当化しようとしている」という風にしか受け取りません。

それが続くと、面接官の顔はこちらを向いていても、すでに話を聞かなくなっています。
そうなるともう「前職を辞めた理由」での挽回は?可能となります。
それよりも、前職を退社した理由は早々に切り上げて、この会社でどうがんばりたいかをアピールするのです。
常にあなたの発する言葉は建設的なものにするのです。
常に前向きなあなたの発言は、かならずあなたを採用に近づけます

面接でのポイントまとめ

ポイント1
・常に笑顔を保ち、大きな声でゆっくり話す。

ポイント2
・「誠実さ」「継続性」「好奇心」のうち、2つ以上入れて自己紹介を作る。

ポイント3
・「社是」と「社是の意味」を覚え、その社是にどう賛同できるか考えた上で志望動機を作る。

ポイント4
・面接後に、徹底して感謝とやる気を伝え続けることで熱意を面接官に伝える。相手の気持ち視点

4つのポイントはあくまで「相手の気持ち」と「視点」が土台です。この2つがしっかりしていれば、大抵の企業には対応できるはずです。

私は面接で重要なことは「常に相手の気持ちで考える」と言い続けてきました。
これはもっと単純に言えば「相手への思いやり」なんです。
相手の人は何を聞きたがっているのか?
どういうことを言って欲しいと思っているのか?
どういう行動をとって欲しいのか?
好きな人の考えていることにはとても興味が湧きませんか?

それと同じように、自分がどうしても入りたい企業が、何を求めているかにも興味が湧きませんか?
常に考えてください。
常に考えるあなたの努力こそが、あなたを「企業が採用したい受験者」へと変えていくのです。
このノウハウを通して、あなたには面接官に対して無理なく無駄なくあなたの良さをアピールできるようになって欲しいと思っています。

これまで私があなたに話してきたポイントを上手に話す事ができなくても大丈夫です。
“伝えたいこと”をしっかりと事前にまとめてさえいれば、面接時に緊張して言葉がなかなか出てこなくなっても、面接官はちゃんと読み取ってくれます。

私は毎年面接官として面接を行うたびに、減点ポイントでどんどん減点してしまう受験者を見ては、とても歯がゆい思いをしています。
なぜもっと「本当に重要な部分」の話ができないのか、と。
私はあなたにはそんな失敗を犯して欲しくないのです。

面接官は常にあなたの良いところを探しています。
これは事実です。
あなたはこの「減点ポイント」をしっかり抑えることで、面接官のこの思いにしっかり答えることができるようになります。
もう一度このサイトをよく読み返して、そして自分の言葉で内容を絞り込んでください。
きっとあなたの入りたい会社は、あなたが練りに練った言葉に共感してくれるでしょう。
その結果あなたは採用を勝ち取ることができ、希望した会社での新しい生活が始まるのです。

これを読み終わったら、必ずすぐに実行してください。
ちょっと休んでから・・・、などと言って休んだら、きっと次の行動が面倒になってしまいます。
あなたがもし、即行動に移したのならば、採用への道のりはぐっとあなたに近づくはずです。

行動するだけではダメです。即行動。
実行できたら、きっとあなたの知らない間に“採用”はあなたのすぐ近くまで来ているはずです。
是非やってくださいね。

最後にひとつだけお願いです。
もし、この面接法で採用を勝ち取ることができたら、私にそのご報告をしていただけませんでしょうか?
なぜこのようなことを頼むのかと言えば、それが私の最高の喜びだからです。
なかなか採用されずに苦しむ、その気持ちは私も痛いほど分かります。
だからこそ、あなたに採用されることの喜びを知って欲しいのです。
もちろん強制ではありません。気が向いたときで結構です。

苦しみは永遠とは絶対に続きません。
必ずその先には“喜び”が巡ってきます。
あなたが採用という喜びに巡り合えるよう、かげながら応援しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ